全国対応で契約書作成や借用書手続き等。離婚・遺言書など公正証書作成手続きも代行
内容証明&公正証書@おのじむ行政書士、東京都港区三田3-2-1-510、03-3454-1288
行政書士 小野知己 行政書士
小野知己

第05080753号


☆事務所外提携行政書士
高辻章代 行政書士
高辻章代

第05082084号

☆事務所外提携行政書士
大原秀人 行政書士
大原秀人

第12081700号
〒108-0073
東京都港区三田3-2-1 
弓和三田ビジデンス510号

営業時間:通常受付
月〜金 10:00〜18:00

応接

24時間受付
TEL:03-3454-1288
FAX:03-6277-7996
info@rights-create.com

お客さまの声

事務所ブログ

許認可はこちら

セミナー
当事務所について
特定商取引法に基く表示
ご依頼方法
ご案内
雑誌掲載
セキュリティ対策
プライバシーポリシー
ミッション
行政書士の選び方
取り扱い業務
契約その他法律に関する書類作成、相談(全国対応)
公正証書
借用書・金銭消費貸借
損害賠償・慰謝料請求
離婚・養育費
賃貸借契約
公正証書遺言・遺贈
振動・騒音NEW
工事騒音被害NEW
詐欺被害
自転車事故
交通事故示談書
webサイト著作権
クーリングオフ
婚約破棄慰謝料請求
内縁・事実婚の慰謝料
認知請求・子の養育費NEW
退職願・労働問題
悪臭被害
官公署に提出する書類作成、手続代理
在留資格入管手続き
パスポート取得申請代行
古物商申請
宅地建物取引業免許
【更新情報】
お客さまの声を追加しました。(2012.6.5)
ブログを更新しました。(2011.3.7)
お客さまの声を追加しました。(2012.3.5)
お客さまの声を追加しました。(2012.1.6)
ブログを更新しました。(2011.12.27)
お客さまの声を追加しました。(2011.12.27)
ブログを更新しました。(2011.12.6)
マンション管理士
マンション管理士
小野法務事務所
区分所有法
標準管理規約
管理業務委託契約
個人情報保護法
行政書士リンク集
・北海道/東北/関東1
・関東2
・関東3/信越/北陸/東海
・近畿
・中国/四国/九州
法律用語集
AERAの取材を受けました!
Yahoo!セカンドライフの特選ブログに小野行政書士のブログ掲載されました!
ブログへ

オレンジリボンネット

頼れる街の法律家行政書士

37歳 婿養子で肩身が狭くて辛い思いをしているあなたへ 緊急のご案内

相談者Sさんの体験

兄と弟の2人兄弟だった私は、現在の妻との結婚を機に、妻の実家に婿養子として入り、
母家に養親、夫婦には新居を与えられ、家業の建設業を継ぐことになりました。

経験のない私は、慣れない作業に苦労しながらも婿としてまじめに仕事に励み、過ごしてきたつもりです。

しかし、結婚生活も10年以上経ち、妻とも子どもの養育方針や価値観の違いから言い争いが増え、妻との対立から妻の親である養親とも険悪な関係になってしまいました。

食事も昔は、妻と子どもと養親で仲良く一緒にとっていたのに、しだいに自分だけが取り残され、今は、仕事帰りにひとりで外食やコンビニ弁当を食べるのは当たり前・・・。

子どもは、週末に妻やおじいちゃん・おばあちゃんとだけで遊びに行く。

こんな生活がしたくて婿に入ったんじゃない・・・。

もうこんな生活、終りにしたい!

人生が変わる決断は大きくて、とても勇気のいることです。

あなたが抱えている孤独・不安は、役所に届け出をするだけで済む問題ですか・・・?
あなたがひとりで抱え込むには辛すぎます。

気持ちは言葉にしなければ、相手に伝わりません。

しかし、面と向かってでは、言いたいことも言えず
自分だけが悪者とみられかねません。

内容証明で養親に確実にあなたの想いを伝えましょう!

もう、ひとりぼっちじゃありません。
私たちがあなたの支えになります。


当事務所にお支払いいただく書面作成・相談・報酬
離縁の申入れ内容証明作成
(配達証明書付。当事務所名で発送(オプションも可))
39,900円(税込)〜
離縁の合意書作成
(慰謝料・離縁後の財産関係を明らかにします(オプションも可))
84,000円(税込)〜


養子縁組とは・・・
【養子縁組には、普通養子縁組特別養子縁組の2種類があります。】

・普通養子縁組

婚姻届などと同じように、市区町村役場に届け出をすることによって、法律上の親子関係が形成されます。

・特別養子縁組

家庭裁判所の審判によって、親子関係が形成され、その後届出をします。

普通養子縁組

どうすればできるの?

 ・養親になる人が、未成年者ではないこと。

 ・養子になる人が、養親よりも年上ではないこと。

 ・養子になる人が、養親の尊属(目上の新戚)ではないこと。

  たとえば・・・おじさんを養子にしたい ×

         妹を養子にしたい    ○

未成年者を養子に迎える場合

◎養親に配偶者がいる場合には、配偶者も一緒に養子縁組をすることになります。

・養子が15歳未満の場合

 養子になる子どもの法定代理人の承諾

 家庭裁判所の許可

・養子が15歳以上の場合

 家庭裁判所の許可のみ必要

 ただし、自分の子や孫、配偶者の子や孫を養子に迎える場合は不要。

 たとえば・・・再婚した妻の連れ子を自分の養子にする場合など


特別養子縁組

 ・養親に配偶者がいて、一緒に縁組をすること。(例外あり)

 ・養子の実の父母の同意があること。

 ・養親の年齢が25歳以上であること。

 ・養子になる子どもの年齢が6歳未満であること。

  ただし、6歳以上でも、8歳未満で6歳になる前から養親に監護されている場合は○


戸籍にはどう書かれるの?

普通養子縁組

実際に戸籍を見てみましょう。
実の子どもの場合は、続柄の欄に、「長男」「長女」などと書かれますが、

養子になった子の続柄の欄には「養子」と記載され、実父母の氏名と、養父母の氏名が横に書かれていますので、養子であることがハッキリと分かります。

特別養子縁組

特別養子縁組は、養子になる子どもを実の子どもと同じように養育することが目的ですので、実の親子と同じように記載されます。

子どもが成長してから、自分の戸籍を見たら養子だった、ということがないように、記載が分かりづらくなっています。

離縁したい場合はどうするの?

普通養子縁組


縁組を解消する場合、夫婦の離婚と同じように、話合いによる協議離縁と、裁判所の手続きによる離縁の2種類があります。

・協議離縁 市区町村役場に離縁届を提出します。

・調停、審判、裁判 家庭裁判所に申し立て、その後、市区町村役場に届け出ます。 
※ただし、裁判で離縁が認められるのは、次の場合のみです。

・他の一方から悪意で遺棄されたとき。

・他の一方の生死が3年以上不明なとき。

・その他、縁組を継続し難い重大な事由があるとき。


特別養子縁組

原則できませんが、次の場合は、家庭裁判所の審判によって縁組を解消することができます。

・ 養親による虐待や悪意の遺棄など、養子の利益にならない場合

・ 養子の実父母が養子を監護することができる場合



”お金返して!” ”別れたい…” ”慰謝料払え” ”こんな契約しなきゃよかった” ”ダ・マ・サ・レ・タ” ”ハッキリさせましょう。” ”守ってあげたい...” ”仲直りかな?”

あなたの想いを正当な権利として、しっかりと残しましょう。