全国対応で契約書作成や借用書手続き等。離婚・遺言書など公正証書作成手続きも代行
内容証明&公正証書@おのじむ行政書士、東京都港区三田3-2-1-510、03-3454-1288
行政書士 小野知己 行政書士
小野知己

第05080753号


☆事務所外提携行政書士
高辻章代 行政書士
高辻章代

第05082084号

☆事務所外提携行政書士
大原秀人 行政書士
大原秀人

第12081700号
〒108-0073
東京都港区三田3-2-1 
弓和三田ビジデンス510号

営業時間:通常受付
月〜金 10:00〜18:00

応接

24時間受付
TEL:03-3454-1288
FAX:03-6277-7996
info@rights-create.com

お客さまの声

事務所ブログ

許認可はこちら

セミナー
当事務所について
特定商取引法に基く表示
ご依頼方法
ご案内
雑誌掲載
セキュリティ対策
プライバシーポリシー
ミッション
行政書士の選び方
取り扱い業務
契約その他法律に関する書類作成、相談(全国対応)
公正証書
借用書・金銭消費貸借
損害賠償・慰謝料請求
離婚・養育費
賃貸借契約
公正証書遺言・遺贈
振動・騒音NEW
工事騒音被害NEW
詐欺被害
自転車事故
交通事故示談書
webサイト著作権
クーリングオフ
婚約破棄慰謝料請求
内縁・事実婚の慰謝料
認知請求・子の養育費NEW
退職願・労働問題
悪臭被害
官公署に提出する書類作成、手続代理
在留資格入管手続き
パスポート取得申請代行
古物商申請
宅地建物取引業免許
【更新情報】
お客さまの声を追加しました。(2012.6.5)
ブログを更新しました。(2011.3.7)
お客さまの声を追加しました。(2012.3.5)
お客さまの声を追加しました。(2012.1.6)
ブログを更新しました。(2011.12.27)
お客さまの声を追加しました。(2011.12.27)
ブログを更新しました。(2011.12.6)
マンション管理士
マンション管理士
小野法務事務所
区分所有法
標準管理規約
管理業務委託契約
個人情報保護法
行政書士リンク集
・北海道/東北/関東1
・関東2
・関東3/信越/北陸/東海
・近畿
・中国/四国/九州
法律用語集
AERAの取材を受けました!
Yahoo!セカンドライフの特選ブログに小野行政書士のブログ掲載されました!
ブログへ

オレンジリボンネット

頼れる街の法律家行政書士

『そもそも、賃貸借契約って?』

民法上では、”契約自由の原則”となっております。

だから特約であろうと当人同士が納得すればいいんです。
(ただし、他の法律で問題なければです。)

昔は敷金の特約に関しては民法の公序良俗違反や信義則で、無効を訴えたりしてたんですが・・・なかなか難しい状況だった。

【消費者契約法】

(消費者の利益を一方的に害する条項の無効)

第十条 民法、商法その他の法律の公の秩序に関しない規定の適用による場合に比し、消費者の権利を制限し、又は消費者の義務を加重する消費者契約の条項であって、民法第一条第二項に規定する基本原則に反して消費者の利益を一方的に害するものは、無効とする。

さらに、これを使えば悪徳不動産業者に対しても
不法行為に基づく損害賠償請求なんかも可能になる余地があります。

原状回復義務を負う範囲は?

損耗3区分

自然損耗…自然に傷んでくるもの。(日焼けとか)
通常損耗…普通に使ってて傷んでくもの。(たたみが磨り減ったとか)
特別損耗…借り手の責任で傷んだもの。(たばこで焼いちゃったとか)

このように区分されるんです。

では、原状回復ってどこまでなんでしょう?

一般的に考えてみて下さい。

日焼けなんかどうしようもないですよね!
だから、家主負担。

たたみが磨り減るのも通常の生活していれば当たり前です。
だから、家主負担。

タバコ焼けとか窓割ったとかは・・・不注意なので
当然、借り手が負担しなければなりません。

ただし、不動産屋&家主さんは違うんです!
貸したその時の状態に戻せと。。。

悪しき慣習です。。

『日に焼けた壁紙なんか戻んないですから。』

司法判断はどうなんでしょう?

はい、特別損耗以外は、すべて家主負担です!
なので、基本的に敷金すべて返ってきます!

ここで、安心しないで下さい。
法的解釈と実際に返ってくるかは別問題です。

ただ、国土交通省ガイドライン&東京都住宅賃貸借紛争防止条例の定めは、裁判所(司法判断)と若干ズレがあります、まだ。

大切なので、もう一度。
法的解釈と実際に返ってくるかは別問題です!

『敷金はきちんと返してもらいましょう!』

行政書士は弁護士ではありません…。
「訴えてやる!!!」ことは出来ませんが、"プチ裁判"ならお手伝いいたします。
こんな時こそ”内容証明郵便”で!

”お金返して!” ”別れたい…” ”慰謝料払え” ”こんな契約しなきゃよかった” ”ダ・マ・サ・レ・タ” ”ハッキリさせましょう。” ”守ってあげたい...” ”仲直りかな?”

あなたの想いを正当な権利として、しっかりと残しましょう。