全国対応で契約書作成や借用書手続き等。離婚・遺言書など公正証書作成手続きも代行
内容証明&公正証書@おのじむ行政書士、東京都港区三田3-2-1-510、03-3454-1288
行政書士 小野知己 行政書士
小野知己

第05080753号


☆事務所外提携行政書士
高辻章代 行政書士
高辻章代

第05082084号

☆事務所外提携行政書士
大原秀人 行政書士
大原秀人

第12081700号
〒108-0073
東京都港区三田3-2-1 
弓和三田ビジデンス510号

営業時間:通常受付
月〜金 10:00〜18:00

応接

24時間受付
TEL:03-3454-1288
FAX:03-6277-7996
info@rights-create.com

お客さまの声

事務所ブログ

許認可はこちら

セミナー
当事務所について
特定商取引法に基く表示
ご依頼方法
ご案内
雑誌掲載
セキュリティ対策
プライバシーポリシー
ミッション
行政書士の選び方
取り扱い業務
契約その他法律に関する書類作成、相談(全国対応)
公正証書
借用書・金銭消費貸借
損害賠償・慰謝料請求
離婚・養育費
賃貸借契約
公正証書遺言・遺贈
振動・騒音NEW
工事騒音被害NEW
詐欺被害
自転車事故
交通事故示談書
webサイト著作権
クーリングオフ
婚約破棄慰謝料請求
内縁・事実婚の慰謝料
認知請求・子の養育費NEW
退職願・労働問題
悪臭被害
官公署に提出する書類作成、手続代理
在留資格入管手続き
パスポート取得申請代行
古物商申請
宅地建物取引業免許
【更新情報】
お客さまの声を追加しました。(2012.6.5)
ブログを更新しました。(2011.3.7)
お客さまの声を追加しました。(2012.3.5)
お客さまの声を追加しました。(2012.1.6)
ブログを更新しました。(2011.12.27)
お客さまの声を追加しました。(2011.12.27)
ブログを更新しました。(2011.12.6)
マンション管理士
マンション管理士
小野法務事務所
区分所有法
標準管理規約
管理業務委託契約
個人情報保護法
行政書士リンク集
・北海道/東北/関東1
・関東2
・関東3/信越/北陸/東海
・近畿
・中国/四国/九州
法律用語集
AERAの取材を受けました!
Yahoo!セカンドライフの特選ブログに小野行政書士のブログ掲載されました!
ブログへ

オレンジリボンネット

頼れる街の法律家行政書士



まだ示談書にサインは早過ぎる?!


ほとんど、相手方ドライバーは任意保険に加入しているはずですが・・・。
実は、一見便利に見える、この保険会社との示談交渉がクセモノ。

だいたい保険会社の担当者は「基準があって云々」と言うでしょうね。

たとえば・・・
『今回の事故はあなたにも過失があるでしょ、差引きこれくらいですね。』

『バイクは全損扱いですね、減価償却して本来は価値が無いものですよ。』

『ムチ打ち程度じゃ休業損害は出ませんよ。だって、働けるでしょ。』

『裁判をしたとしても結論は変わりませんよ。』

保険会社の代理人は年に何十件も交通事故を扱っている、交通事故解決のプロです。このプロを相手に被害者は示談交渉をしなければならないのです。

示談の決め時・・・?
バックリと言えば、事故の損害に対して納得できる金額が提示されたときということになるでしょうか。

しかし、加害者側(保険会社)からは滅多に納得のできる金額が提示されることはありません!


しかし、相手の言い分は本当に正しいのか?

さまざまな基準のワナ!

損害賠償額算定の基準だって・・・
過失相殺の割合だって・・・
保障の範囲だって・・・

信じられますか?

「これが基準だ!」などといって堂々と3分の1の金額を提示してくるのですから…。

驚くべきことですが、これが現実。

しかし、そこで言う「基準」とは、保険会社側で作ったものです。
賠償責任を負う側が勝手に作っている「基準」なるものが被害者であるあなたを保護するものであるはずがありませんよね?

保険会社は有名な大企業ばかりですから、その社員の言うことならと信じてしまう被害者も多いようですが、非常に危険です。

さらに、この不景気ですよね。

保険会社の競争激化の中で、収益確保のための不当な「出し渋り」の事例が増えているって。
保険会社は組織として出し渋っているわけですから、被害者であるあなたが単独でこれに対抗するのは困難ですよね。

『こちらから納得のできる金額をその根拠とともに提示してみましょう!』

も昔、バイク便ライダー交通事故やってたんで何度も交通事故やりました・・・。

バイク被害者として不愉快な相手に対しての思いが解かります。

しかし行政書士は弁護士ではありません…。
「交渉代理」することは出来ませんが、"書面作成"のお手伝いいたします。

あなたの想いを正当な権利として、しっかりと主張しましょう。
それでも金額に納得できない場合は、こちらから納得のできる金額をその根拠とともに書面で提示してみましょう。

よくあるお問い合わせは…コチラ


損害賠償請求書
示談書
損害賠償額算定表
過失割合所見

『もう、あなたは孤独に思い悩む日々から開放されます!』

示談は、法律用語では「契約和解」です。

そして、契約和解は、ごく例外的な場合を除いて、覆すことができません。
ですから、急いで安易に示談書を取りまとめてしまうことは極めて危険です!

ご依頼についてのサポートではメール制限数はもちろん設けませんし、質問にはかならず48時間以内にご返信いたします(日曜祝日を除く)。

また、不定期ですが、週に1〜2回程度電話相談時間枠を設けています。

示談内容の打ち合わせ、示談書類のチェック、作成。内容証明。
その他、各種請求に関する書類作成の相談等。
書類作成や、示談書、内容・進展などをディスカッションいたします。