全国対応で契約書作成や借用書手続き等。離婚・遺言書など公正証書作成手続きも代行
内容証明&公正証書@おのじむ行政書士、東京都港区三田3-2-1-510、03-3454-1288
行政書士 小野知己 行政書士
小野知己

第05080753号


☆事務所外提携行政書士
高辻章代 行政書士
高辻章代

第05082084号

☆事務所外提携行政書士
大原秀人 行政書士
大原秀人

第12081700号
〒108-0073
東京都港区三田3-2-1 
弓和三田ビジデンス510号

営業時間:通常受付
月〜金 10:00〜18:00

応接

24時間受付
TEL:03-3454-1288
FAX:03-6277-7996
info@rights-create.com

お客さまの声

事務所ブログ

許認可はこちら

セミナー
当事務所について
特定商取引法に基く表示
ご依頼方法
ご案内
雑誌掲載
セキュリティ対策
プライバシーポリシー
ミッション
行政書士の選び方
取り扱い業務
契約その他法律に関する書類作成、相談(全国対応)
公正証書
借用書・金銭消費貸借
損害賠償・慰謝料請求
離婚・養育費
賃貸借契約
公正証書遺言・遺贈
振動・騒音NEW
工事騒音被害NEW
詐欺被害
自転車事故
交通事故示談書
webサイト著作権
クーリングオフ
婚約破棄慰謝料請求
内縁・事実婚の慰謝料
認知請求・子の養育費NEW
退職願・労働問題
悪臭被害
官公署に提出する書類作成、手続代理
在留資格入管手続き
パスポート取得申請代行
古物商申請
宅地建物取引業免許
【更新情報】
お客さまの声を追加しました。(2012.6.5)
ブログを更新しました。(2011.3.7)
お客さまの声を追加しました。(2012.3.5)
お客さまの声を追加しました。(2012.1.6)
ブログを更新しました。(2011.12.27)
お客さまの声を追加しました。(2011.12.27)
ブログを更新しました。(2011.12.6)
マンション管理士
マンション管理士
小野法務事務所
区分所有法
標準管理規約
管理業務委託契約
個人情報保護法
行政書士リンク集
・北海道/東北/関東1
・関東2
・関東3/信越/北陸/東海
・近畿
・中国/四国/九州
法律用語集
AERAの取材を受けました!
Yahoo!セカンドライフの特選ブログに小野行政書士のブログ掲載されました!
ブログへ

オレンジリボンネット

頼れる街の法律家行政書士

1500万円の対価支払,認知請求及び養育費請求をしないと合意した判例

右認定の事実によれば、乙山花子は控訴人と被控訴人の認知請求権を放棄する旨の合意をしたとみるべきであるが、子の父に対する認知請求権は身分法上の権利であり、民法がかかる権利を認めたのは非嫡の子に父に対し法律上の親子関係を確定することを得させてその利益を図ろうとしたことにあるのであるから、これを放棄することはできず、放棄しても無効である(最高裁判所昭和三七年四月一〇日判決民集一六巻四号六九三頁参照)。
よって、被控訴人が認知請求権を放棄したとの主張は採用できない。また、認知請求権の性質ならびにこれを認めた民法の法意が右のごとく解せらるべきものである以上、被控訴人の法定代理人たる母花子が認知請求の相手方たる控訴人と認知請求権の行使に制限を加える合意をしたからといってその合意によって子たる被控訴人人が拘束されるものと解することはできないから、上記合意を花子が被控訴人の監護養育している間は認知請求をしない旨の合意と解してもこれを有効と解することはできない。この点の控訴人の主張も採用できない。<昭52年10月31日名古屋高裁判決>


東京地方裁判所判決平成16年4月27日

A男とB美は知り合い,程なく親密な関係を持つようになった。B美は,A男と交際開始当初,既に交際している男性がいたが,A男との関係が深まるとともにその男性とは別れた。A男との子供を妊娠し,平成15年○月○日に分娩した。
A男と知り合った際,A男に妻子及び家庭があることを十分認識していた上,子供を妊娠したと推測される時期において,他の男性と交際していたものであり,子供とA男との間に父子関係は存在しないと争った判例。
 争点(原告と被告間の親子関係の存否)について
   証拠(甲1ないし4,乙1)及び弁論の全趣旨によれば,以下のとおり認められる。
 1 Aと被告は,平成8年11月,知り合い,程なく親密な関係を持つようになり,その頃からAが原告を妊娠した平成14年5月まで継続的な肉体関係があった。
 2 Aは,被告と交際開始当初,他に交際している男性がいたが,被告との関係が深まるとともにその男性とは別れた。
 3 Aは,被告と交際していた際,被告に妻子及び家庭があることを知っていた。
 4 Aは,原告を妊娠したことを被告に話したところ,被告は,Aに対し,妊娠中絶を勧めたが,Aは,原告を出産して育てていこうと決意し,平成15年○月○日,原告を分娩した。
 5 東京家庭裁判所平成15年(家イ)第2717号認知調停申立事件における鑑定嘱託の結果(株式会社ティーエスエル作成のSTR法によるDNA鑑定)によると,被告と原告との間の総合父権肯定確率は,99.9996%であり,両者間には生物学的な父子関係が存在することが極めて強く推定される。
  以上認定の事実によれば,原告は被告の子であると認めるのが相当である。
第5 結論
   よって,原告の請求は理由があるからこれを認容することとし,主文のとおり判決する。

本来、養育費は子供に支払われ、親の生活レベルと同程度の生活を保証する義務がありますから、親の収入で養育費の額には差がでます。
生まれた時から、20才(大学卒業までとする人もいる)までの養育費です。
母が、一人で、この額で育て上げられるとおもっても、父が稼いでいて子供が養育費として請求したいとなった時、子供の権利を母が事前に剥奪することは出来ないんです。

俺の子供じゃないと強く言っていましたが、DNA鑑定で結果が出てしまうと、強制的に認知されます。
「妻子及び家庭があることを知っていた」は理由にはなりませんね。